芦澤和洋 器のお取扱いについて



 

 使い始めは水に浸け、たっぷり水分を吸わせてください。
 そのまま、お使いいただいても大丈夫です。

 使わない場合は、よく乾かしてから収納してください。
 お米のとぎ汁での目止めはやっていただかなくても良いそうです。








 はじめのうちは油物や醤油などの色の濃いものを入れるのであれば、軽く水に浸けてから使用してください。



 

 器を棚などにしまう時は器の裏側(釉薬が掛かっていないところ)をよく乾かしてください。
 電子レンジや食洗機は出来るだけ使用をお避け下さい。






 器の表面に「貫入」という細かいヒビのようなものが見られますが、割れではございません。
 陶器特有のものですので、ひとつずつ違う表情をお楽しみいただければと存じます。



 

【貫入について】


 陶器をお使いいただくと、 「貫入(かんにゅう)」と呼ばれる模様のようなヒビがはいることがございます。

 釉薬と素地の収縮率の差により、焼成後の冷却時に生じるものです。
 使い込むうちに、表面の細かい隙間に飲み物や食べ物の色素が入り込んでいきます。
 これは焼き物独特のもので、吸水性の高い陶器ならではのものです。
 作家さんによっては、これを技法として作品に取り入れる方もいらっしゃいます。


 時を経るごとに、味わいの増す陶器の器をお楽しみください。