注染手ぬぐいのこと

にじゆら 注染技法 伊達

 注染とは、明治時代に大阪で生まれ今なお続く、20〜30枚いっぺんにできる手染めの方法です。
 二十数メートルほどある長いさらしの布をジャバラ状に重ね合わせ、その上から染料を注ぐことで、一度に20〜30枚分の手ぬぐいが染まります。染め上がった布には表と裏がなく、両面染まるのが特徴です。
 また仕上げまでには多くの行程があり、それぞれの部分に職人さんがいます。
 出来は彼らの経験と勘に頼ることが大きく、まさに熟練を要する匠の世界。
 「にじゆら」の味わいや風合いは、腕のいい職人さんたちの手作業だからこそ表現できるのです。


にじゆら 注染技法 糊置き【1、糊置き(板場:いたば)】
  手ぬぐい1枚分の布を糊付け台の上に敷き、木枠をかぶせ、
 型紙を固定します。
  その上から防染糊を木へらでムラのないように伸ばしてこすり
 つけます。
 (糊が付けられた部分には、染料が染み込んでいきません。)
  手ぬぐい25枚分のロール状に巻かれた布をジャバラ状に重ね
 合わせながら、この作業を繰り返します。


にじゆら 注染技法 注染(壺人)【2、注染(壺人:つぼんど)】
  折り重なった状態の布を染め台に置き、必要のない部分に
 染料が流れ出さないように糊で土手を作り、その中にドビンと
 呼ばれるじょうろで染料を注いでいきます。
  染料は均等に、効率よく浸透させるために、染め台に
 設置されている減圧タンクで吸引しながら注いでいきます。
  下からポンプで吸引するため、生地の目(すきま)をつぶす
 ことなく染め上げるとこができ、生地の柔らかな肌触りを
 保つことができます。
  一通り終わると布を裏返し、反対側からも同じ作業を
 繰り返します。
  これにより、裏表なく、きれいに染められます。

にじゆら 注染技法 水洗い(川)【3、水洗い(川:かわ)】
  染めが一通り終わると川と呼ばれる洗い場へ向かいます。
  先の工程で、重なり、ひっついている状態の防染糊と余分
 な染料とを洗い流します。
  移染しないように素早く洗い流すのがコツです。

にじゆら 注染技法 乾燥(伊達)【4、乾燥(伊達:だて)】
  生地を十分に水洗いした後、脱水機にかけ、色が
 移染しないように、すぐ乾燥させます。
  かつては天日干しをしていましたが、現在は天日状態を
 作っ乾燥室で乾燥させています。

にじゆら 手ぬぐいのこと 切りっぱなし【切りっぱなし】
  タオルのように両端が縫い合わされてなく、切りっぱなし
 なのが手ぬぐいの特徴。
  切りっぱなしだからこそ、、乾きもよく、清潔に使うことが
 できます。
  そもそも江戸時代、下駄や草履の鼻緒が切れた時や怪我をした
 時の包帯代わりに、応急処置として手ぬぐいが裂いて使われて
 おり、裂きやすいように切りっぱなしにしておいた、というのも
 一つの理由のようです。

にじゆら 手ぬぐいのこと 育てる【大切に育てる】
  選択の際は、他のものと一緒に洗わず、合成洗剤や
 蛍光増白剤・漂白剤は使用しないでください。
  洗濯後は、形を整えて陰干しを。濡れたままでの放置や
 つけおき洗いはしないでください。
  また洗濯後は多少の縮みが出ます。アイロンをかける際は、
 霧吹きで湿らせるかスチームでお願いします。
  洗うたび、色合いは柔らかさを増し、肌触りも良くなります。