廣川温器のお取扱いについて

器のお取扱いについて

 最初にお使いいただく前に、一度おかゆを炊き込んでいただく方が、釉薬にあるピンホールが埋まります。

 そのまま直に、火にかけてお使いいただけます。
 長く熱したあと、急に冷たいところに置かないでください。
 使用後すぐに洗わない時に、水の中につけたまま長時間置いたりしますと、割れやすくなる恐れがございます。




 オイルフォンデュなど、多量の油を使う調理でのご使用はお避けください。保温力が強いので、すぐに温度が下がらず引火する恐れがあります。
 
 強い衝撃を与えた時は、表面上変化がなくても注意して扱うようにしてください。
 特に底の部分に丸くひびが入ってきたら、ご使用はお控えください。一気に底が抜けると危険です。
 
 焦げが付いたときは水を張り、暫くしてからたわしなどでこすり取ってください。
 それでも焦げが取れない時は、一度底面を乾かしたあと、火にかけ空焚きをしてから、金たわしなどでこすってください。
 洗ったあと底がぬれている時は、ひっくり返して充分水気を取り、乾燥させてから片付けるようにしていただくとカビなどを防ぐ事ができます。

廣川温